Logo
モンクールのコンセプト  シェフ紹介  メニュー&ワインリスト  ご予約に際して  シェフのブログ
ご予約状況etc...  トピックス  インフォメーション  多彩なお料理教室  カルチャー  マップ  Top

top >> シェフ紹介

シェフ紹介


宮狹 義幸 (みやさ よしゆき)

フランスリヨンへの料理留学から帰国後、夙川の名店シェ・ヤマダ(現在閉店)で8年間お世話になり料理だけでなく、ワイン(当時1000本ほどのワインの仕入れと管理を任されていました)、サーブ(メートルドテルを歴任)も学び山田シェフと共に8年間を過ごしました。
その後、武庫之荘シェ・クロダ(現在閉店)ではセコンドを務めました。独立前には、短期でホテルピエナ・レストランパトリーでも当時のシェフに学びました。
また、帰国後から独立後も、大阪のオー・プティ・コントワー、後のヴュー・ロジ(共に現在閉店)の船橋シェフに尊敬の念を抱きつつ 大きな影響を受け、シェフの料理人としての糧となっています。
シェフ自身も専門調理師、調理技能士、専門調理食育推進委員、ハーブコーディネーター、フードインストラクター、ナチュラルフード・コーディネーターなどの資格や称号を取得し、後進の指導にも力を注いでいます。
さらに、力を注いでいますのがシェフのもうひとつの顔、味覚や食を取り巻く環境などをテーマにした、「食育」を「宮っ子シェフ」として活動しています。 モンクールは、西宮市の「食育推進協力店」、兵庫県の「食の健康協力店」などにも登録されています。またシェフは兵庫県の「食の安全・安心リスクコミュニケーション」のモニターを 長く務めています。さらに西宮市の「第4次総合計画」の策定にも携わり「食育」の大切さを呼びかけ、西宮市の「食育推進会議」の委員も勤め、「西宮市食育推進計画」の策定にも携わりました。 同「西宮市食育推進計画」が2010年4月からが施行され、新に「西宮市食育・食の安全安心推進計画」が2013年4月から10ヵ年で施行されています。シェフは2009年から現在も同、西宮市「食育・食の安全・安心推進会議」委員を務めています。

2003年『カステル・Y・コントワー』をオープン。
2006年改装、コンセプトを新たに『ラ ターブルド モンクール』をオープン。
2013年『ラ ターブルド モンクール』リニューアル、お料理のコンセプトを一新、
店内も改装し、新たな雰囲気でスタート。
2015年ワインカーブの新設に伴い店内外を改装。
2017年メニューやワインなど新体制でスタート。 

日本東京スローフード協会元会員、辻調コンピトゥム会員など
また、親しい仲間を集めた料理研究会と専門調理師の会を主催。

兵庫県食の安全安心情報モニター、兵庫県食の健康協力店登録
専門調理師・調理技能士の店登録
長崎県から「食べてみんね!長崎県産品応援店」認定
高知県から「高知家の野菜・くだもの応援の店」認定

西宮市を中心に「宮っ子シェフ」の名称で食育活動に力を入れる。
段上西小学校元評議員 西宮市教育委員会と段上西小学校に学校教育サポート
”ささえ”にゲストティーチャーとして登録

ADF修了、西洋料理専門調理師取得、給食用特殊料理専門調理師取得、調理技能士取得、
専門調理食育推進員認定、専門調理食育推進指導員認定、ハーブコーディネーター取得
フード・インストラクター取得、ナチュラルフード・コーディネーター取得など


※掲載されていますお料理や店内、外観などの写真は、現在とは異なる場合がございますのでご了承ください。

ページトップに戻る